ZEH対応住宅「Chocolat! 」4つのスタイル

0120-315-301
資料請求はこちら
  • 会社案内
  • お問い合わせ

0120-315-301

資料請求はこちら

chocolat! style

ぬくもりカフェな暮らし


柔らかな光が似合う、明るい木目と白のリビング。
お気に入りの雑貨に囲まれながら丁寧に淹れるコーヒーの香りに誘われて、
今日も家族が自然と集まる。そして始まる朝食は、まるでカフェのひととき。

イメージ画像

イメージ画像
「お庭の葉っぱ、とってきたよ!」
小さな手にバジルをいっぱい握り締め、嬉しそうに娘が笑う。この家とホームベーカリーを手に入れてからというもの、おうちで作るパンをすっかり気に入ったご様子だ。今日もあのパンがいいの。キラキラした瞳で私を見上げる娘の手を包み込み、かしこまりました、と受け取った。そして今日も始まる、おうちカフェのオープン準備。
心落ち着く挽きたてのコーヒー豆の香りに、ゆるやかな時間と音楽。小さなカウンターとソファだけのこじんまりとした空間で、挽きたてのパンと丁寧に育てた野菜サンドをいただく。私にとっては、そんなカフェでのやすらぎがお気に入りであり、忙しい生活のなかでのちょっとした贅沢でもあった。その贅沢をおうちで味わえる、というこの幸せ。



ホテルライクな暮らし


理想は「生活感のない、モデルルームのような家」。
直線的なイメージと統一されたモノトーン、
無駄を省いた家具でのコーディネート。
非日常を演出したその空間は、
シティホテルのようにスタイリッシュ。

イメージ画像

イメージ画像
「今週もお疲れ様。」
そう言ってグラスを傾け始める、私のやすらぎの時間。子育てが落ち着くまではお預けかな、と思っていた結婚前に二人でよく行ったお気に入りのバー。そのひとときを思い出させる空間が、この家にはある。家族だけのセカンドリビングにしたバルコニーで、ゆっくりと二人が好きなワインを飲む。これが週末のお決まりであり、私にとっての贅沢なのだ。
髪を揺らすひんやりとした風が、お風呂上りにはちょうど良い。普段は無口な夫が、この時だけは少し口数が増える。仕事のこと。子供たちのこと。私も一週間分の話をゆっくりと話す。うん、うん、という静かな相槌だけで心が満たされていく。
「来週も、またココでね」。
その閉店の合図は、この幸せが来週も続くことを約束してくれる。



おうちサロンな暮らし


サロンで過ごす大好きな癒しの時間を、ずっと味わっていたい。
そう思って決めた、パリの郊邸を思わせる白い空間に、アンティークの家具。
ネイルを塗り直すたびに贅沢な気持ちになれる、家族だけのプライベートサロン。

イメージ画像

イメージ画像
「大きくなったらこんなお城に住みたいな!」
白いアンティーク家具にヨーロッパの香りがする調度品。連れて行ったネイルサロンで娘が言ったこの言葉に、やっぱり親子だなって、思わず吹き出した。
その時はネイルサロンではなかったけれど、25年前、同じセリフを言ったことがある私。
これがきっかけで手に入れた、サロンのようなくつろぎのある家。キレイ好きの夫も、この家を気に入ってくれている。
ひとしきり掃除をすませ、お気に入りのティーセットで過ごす昼下がり。愛犬のココと一緒に、ソファで小さくなって眠り込む娘を見ながら、夫が喜んでくれそうな夕飯のメニューを考える。
日常を過ごしているはずなのに、非日常を感じられる。そんな贅沢がやすらぎであり、お気に入りの時間。



くつろぎリゾートな暮らし


日々の喧騒を忘れさせてくれる開放感はまるで海外リゾート。
エキゾチックなコーディネートが
上質な雰囲気を盛り上げる別荘のような空間は、
大人の賑やかさが似合うやすらぎの場所。

イメージ画像

イメージ画像
「今日は集まってくれてありがとう!」
ステージへと早変わりしたウッドデッキから声がする。パパかっこいい、と息子に言われ照れる夫がなんだか愛しい。ジャズベースが趣味の夫。週末のホームパーティーで久しぶりに演奏するらしく、ここ最近は毎日息子を相手に練習している。
息子の3歳の誕生日に合わせて行ったバリ。家族初めての海外旅行だった。リゾートホテルのレストランラウンジで聞いたジャズベースはやけにカッコ良く、低温が心地良かった。それが忘れられなくて、と、この家を相談されたときは、家族の思い出が形になるようで嬉しかったのを今でも覚えている。もともとアジアンリゾートな雰囲気が好みの私、返事はもちろんyesだった。
まだまだな腕前だけど、デッキからの音色にバリを思い出し、気持ちがやすらぐ。
週末のパーティーは、あのレストランのようなメニューでおもてなししなくちゃ。美味しいフルーツでも買ってこようかな。穏やかな気持ちでいられる家族のリゾート。やっぱりこの空間は、正解だった。



ページの先頭へ戻る