アフターサービスまで万全の家づくりの流れ

1.敷地調査・地盤調査

測量、法的条件の調査はもちろん、家を建てる敷地を建築士が自分の目で確認し、風の流れ、光のあたり方、近隣状況などを調べ感じることでプラン作成の重要な情報のひとつとします。

2.ヒアリング

専門知識とこだわりを持つ建築士が直接お話をお聞きします。ライフスタイルやご要望を聞き、適切なアドバイスをしながら打ち合わせを進めていきます。

3.ゾーニング

敷地調査とヒアリングの内容をもとに、敷地に対しての大まかな部屋の配置をプロットしていく作業をゾーニングといいます。カースペースから建物へのアプローチ、道路と玄関の位置、家相や風水等多くの情報を整理していきます。

4.プランニング

お客様のご要望とご予算に合わせて外観デザインと間取りをリンクさせながらプランを作成します。
動線計画や収納、採光、構造計画など目には見えてこない部分も含め、オンリーワンのプランが出来上がる最終工程です。

5.プレゼンテーション

今までの作業やプランをまとめ、分かりやすい言葉で説明します。またプランをもとに密度の濃い打ち合わせを行い、楽しい住まい作りの共同作業を行います。

6.ご契約

住まいのプラン、ご予算等すべてに納得頂けた上でご契約させて頂きます。契約書・見積書・設計図、そして契約約款をもって、お客様と弊社とで工事請負契約を締結いたします。同時にご契約金のお支払いをして頂きます。

7.設計打ち合わせ

設計の専門スタッフがお客様と詳細仕様およびデザイン等をお打ち合わせおこないます。工事が計画通りに完成するための詳細設計図書を作成します。

8.地鎮祭・着工

地鎮祭とは、着工前に土地の神様を鎮め、工事の安全と家の繁栄を祈る儀式です。
工事中は品質の確保と工事の安全を確保して進めてまいります。

9.上棟・現場打ち合わせ

2×4工法の弊社では屋根の設置が終わり、主要構造完成を上棟としております。お客様には定期的に建築現場にて立会検査を行います。ご納得いただきながら、工事を進めていきます。

10.竣工・引渡し式

最終立会い検査に合格いたしますと、いよいよ建物のお引渡しです。サンワ設計では建物の完成とこれからの永いお付き合いをお祝いとお約束するセレモニーとして、引渡し式を行っております。
引渡し後も末永いアフターサービスをお約束しています。