私たちの希望を叶えてくれたのが、サンワ設計さんでした~お客様の声~

こんにちは!茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。

今回は沢山のお客様の中から、大洗町の大山様の感想をご紹介したいと思います。
『人生で1回目に建てる家は満足できない。3回建ててようやく満足のいく家が建つ』なんていう話を聞きますが、サンワ設計さんにはもう3回分のワガママを聞いてもらったと思っています」と笑顔で話される大山様。

ご夫婦と3人のお子様とで暮らされる中でより住みやすい家を求めて、さまざまな住宅展示場に足を運ばれたのだそうです。開放的な空間に加えこだわっていたのが「色」と「個性を出せること」でした。

しかし、他のメーカーさんでは、大山様が思い描く住宅が実現できない悩みを抱えていらっしゃいました。そんな折、「完全自由設計」という言葉に魅かれ、当社を訪れてくださいました。

ずいぶん、設計士さんには無理なお願いもしたと思うんです(笑)だけど、きちんと私たちの要望を聞いてくれて…、設計を書き直してくれることでより理想に近づいた家になったと思います」と話します。

こだわったのは、外と中をつなぐ「ウッドデッキ」の空間でした。ちょっとした食事や、午後のひとときで過ごす空間は格別なんだそうです。また家族全員分の布団が一気に干せる広々バルコニーも気に入っているのだとか。

家族との触れ合いを考えた設計で、1階は常に家族全員が顔を合わせられるような間取りに。当社の住まいが家族の絆をより深めるものになったようです。

当社の設計力にご満足いただいた大山様。これからもお客様の「サンワ設計で建ててよかった!」とおっしゃっていただけるようにますます頑張ってまいります!

はぴしぇあイベント:第2回親子浴衣教室を開催します!

こんにちは!茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。

7月に入り、夏祭りや花火大会など浴衣を着る機会も多いのではないでしょうか?そんな方にぴったりのイベント、第2回親子浴衣教室をはぴしぇあで開催します!当日は大人だけのご参加、またパパのご参加ももちろん歓迎です!(男性用スペースを別途ご用意しております)

ハクビ京都きもの学院の先生によるご指導で、大人の方でもお子さんでも自分で浴衣が着られるコツを教えてもらえます。浴衣を着終わった後は、そのままお出かけしてももちろんOK!お祭りに浴衣で行くのも粋な感じで良いですよね。

持ち物は
・筆記用具、ノート
・浴衣、半幅帯、裾除け、肌襦袢
・腰ひも3本
・白の無地タオル3本(女性のみ)
また、浴衣で帰られる場合は草履(足袋)、下駄、雪駄をご持参ください。
なお、裾除け、肌襦袢がない方はキャミソールとレギンスをお持ちください。男性は肌着、ステテコ、リラコなどをご用意ください。
お問い合わせは下記のお電話か、もしくはQRコード予約をご利用ください。

予約申し込み電話
0120-028-505

なお、こちらの浴衣教室は応募者多数の場合、抽選となります。予めご了承ください。
応募締め切りは7月20日(金)までです!

============
第2回
親子浴衣教室
参加費無料
日時:7月29日(日)
13時〜15時

場所:ショールームはぴしぇあ
小山市城南4丁目6-1
=============
ぜひこの機会に浴衣の着付けをはぴしぇあで体験してくださいね!

スタッフ紹介~代表取締役社長:草場昭二~

こんにちは!茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。

今回は当社のスタッフを紹介したいと思います!トップバッターはサンワ設計代表取締役社長であります、草場昭二です。

◆社長自身のこと・趣味・休日のこと
私の座右の銘は「日々好日」です。今日が最高の1日であり、今こそが無二の好機であるという想いで、日々の生活を送りたいと考えております。
趣味は読書で、特に若い頃は大藪晴彦のハードボイルドの世界に魅了されすべてのシリーズを読破しました。最近は歴史小説のほか、4歳の孫娘と過ごしています。

◆子供の頃の夢
私の祖父は経師職人(表具屋)でした。いろんな形をしたカンナ等が子供の頃の遊び道具でした。私の周りの大人たちも建築関連の人が多かったので、建設業の世界で生きていくと思っていましたね。大工さんや重機のオペレーターなどに憧れていました。

◆仕事への熱い想い
忘れてはならないこと、それはお客様が住宅を建てる時に団信に入られる、ということです。これはすなわち、お客様の命を担保にして住宅を建てるということに他なりません。だからこそ我々は、単なる「仕事」ではなく「志事」にまで想いを込めなければならないと考えています。品質や性能、デザインがいいという満足レベルではなく、いかに「感動」レベルにまで昇華させられるかを全社員が常に心掛け、行動することが当社の「お客様の
幸福の城づくり」に対する一番のこだわりです。
住宅のお引き渡し式の際、涙を流される様子を見た時、この仕事をしていて本当に良かった、と思える瞬間です。

◆お客様にメッセージ
茨城県西部、栃木県南部を中心に地域密着企業として創業37年、完成累計棟数4300棟を超える実績で、経営理念でもある「自分の家をつくる思いで」お客様の「幸福の城づくり」に全社員一丸となって取り組んでまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

サンワ設計の経営理念について

こんにちは!茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。

今回は、当社の経営理念についてお話したいと思います。「私たちは、お客様の健康と幸福そして明日への活力を養う住宅を自分の家をつくる思いで建築させていただきます
という経営理念は、会長・社長をはじめとする役職者でアレコレと考え、経営会議で決定したものです。

住宅は、自分の命を守るお城です。そこに住む方達が健康で過ごせるように、まずは「丈夫で居心地の良い住まい」を提供するのが第一条件です。そして「家自身」も健康であること。末永く、住心地が良い住宅を建てることが私たちの使命であると考えています。

良い家を建てるのに欠かせないのが人の存在です。明るい会社に人は集まってくると考えます。そのため、当社は社員教育にも特に力を入れています。朝礼・掃除を毎日徹底し、さらには会社の存在目的、社員・取引先・お客様が幸せになることを願って、みんなでその思いを唱和しています。

日々これらをコツコツと行うことで自然と経営理念が浸透し、みんなの気持ちをひとつにして家づくりに向かうことができるのです。
また、致知(道徳・倫理を説いた雑誌です)の文章を読んで感想を述べたり、ひとりひとりスピーチを行ったりして、社員のトータルスキルを日々向上させています。

経営理念は職人さんや、協力会社の方達にも共有をはかっています。思いや、お客様からお褒めいただいた部分は登山やボーリング大会といった業者を含めたイベントなどで思いを共有しています。

これからも「自分たちの家を建てる」思いで、お客様と向き合っていきたい。そう思っています。

サンワ設計ってこんな会社です

こんにちは!茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。

今回は、当社の社員から見たサンワ設計の魅力を改めて紹介したいと思います。

◆人事・総務から見たサンワ設計の魅力
新しく入ってくる社員にも伝えていることなのですが、当社では、わくわく体験フェア、お中元・お歳暮のご挨拶、あおぞら通信(広報誌)、現場の清掃といったお客様に向けたさまざまな取り組みを社内「全員」で行っています

これは大手さんでは決してできないことだと思います。この取り組みは、地域貢献活動にも通じています。バレーボール大会の開催、はぴしぇあの運営などより地域に根差した活動も盛んです。社員全員がこの地域とここに住む住民の方をより深く知ることで、お客様により良い家づくりが提案できると考えています。

お客様、地域、社員同士のコミュニケーションを図り、地域に根差した活動をこれからも続けていきたいと思っています。

◆営業サイドから見た会社の魅力
地元のお客様を大切にしているところが魅力のひとつだと思っています。社名にもなっている「設計」に力を入れています。お客様から細かく聞き取りを行い、一級建築士と話をしながらとことんこだわった設計ができるのは、注文住宅を建てる工務店の中でも数は多くありません。

当社が採用している2×4工法は、耐震や耐火に優れる反面、制限の多い工法と言われています。しかし、その中でもお客様から喜びの声をいただけるのは、「自由設計」にもとづいた要望をかなえられる提案、また施工ができている証だと思っています。

また、「社員の人が本当に良くしてくださった」という声をお客様からいただくことからも社員の「人間性」の良さも魅力のひとつになっていると感じています。

信頼のおける家づくりを目指して、これからもサンワ設計は邁進してまいります!