- Blog -

サンワ設計のブログ

2020.6.02

施工事例

【施工事例】暮らしと将来を見据えた平屋の家

こんにちは!茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。

 

6月と言えば、「ジューンブライド(June bride」ですね。

諸説あるようですが、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、家庭・結婚・出産などを司る女神「Juno」が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われているようです。

今回は、家庭の守護神Junoにあやかって()マイホームづくりを進める助けとなるよう、サンワ設計の施工事例のひとつ、I様(結城市)のお宅をご紹介します。


I様邸の大きな特徴は、暮らしと将来を見据えたバランスの取れた平屋造りであることです。

落ち着いた雰囲気の平屋住宅の外観は敢えてシンプルに。長く住む家なので、流行り廃りのないデザインにされました。

19帖のリビングダイニングは、リビングは折上天井、ダイニングは勾配天井となっており、より広々とした空間に感じられ、元気なお子様たちの遊び場にもなっています。

また、リビングには家族で使えるスタディカウンターが設けられ、お子様の勉強スペースやご主人のワークスペースにと用途が広がります。

 

暮らしを見据えたサイズ感にもこだわられ、ダイニングから続く和室はコンパクトに。

家事をしながらでも全体が見渡せ、常にお子様たちの様子を見守れます。

和室とリビング両方から出入り可能とした、動線を意識したデッキは、バーベキューを楽しんだり、ハンモックでリラックスしたりと第2のリビングとして活用できます。

ちなみにハンモックは取り外し可能なので天候への対策も万全です!

「スタイルを出したい部分もあったが、広い世代の方から好評で、これで正解だった。夫妻ともに満足です。」と笑顔でお話しくださいました。

 

 

☆サンワ設計では、「平屋の展示場」や、「南欧リゾート風の展示場」等をご覧いただけます。家づくりの参考に是非ご来場ください。

- Showroom -展示場・ショールーム展示場・ショールーム