【——50年代アメリカンスタイルの家—— 施工事例:Cさま邸】

こんにちは! 茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。
今回は当社の施工事例として、Cさまのご自宅をご紹介します。

栃木県にお住まいのCさまご夫妻は、「50年代アメリカンスタイルの家」にこだわって家づくりをされました。
屋根の傾斜が一方にだけ流れている「片流れ」が印象的な外観は、ブルーとホワイトの鮮やかな色でまとめられていて、一際目を引きます。

LDKは仕切りのない開放的な空間で、伸びやかな暮らしを実現。
色は外観と同じように、鮮やかなサルファーイエローでまとめられています。
レンジフードや冷蔵庫などにはミントグリーンを採用したほか、モノクロチェックを巧みに使うなど、サルファーイエローとのコントラストは美しく、50年代の雰囲気を醸し出しています。また洗面台も室内のトーンと合わせることで、全体的な統一感を生み出しました。

実はCさまのご職業は塗装関係。冷蔵庫やレンジフードなどはご自身で塗装されました。まさにプロ仕様のDIYの家というわけです。

さらに小物使いにもセンスがあふれています。部屋の色彩が明るいぶん、テーブル、イス、カーテンなどは大人しい白を用いたほか、クッションや家電などに差し色の赤を使うことで、部屋の表情がぐんと引き締まっています。

いかがでしょうか。当社にご依頼いただければ、さまざまなスタイルの家を生み出すことが可能です。家づくりをご検討されている方はぜひ一度ご相談いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。