気候・風土・風水に合わせた家づくり

こんにちは!茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。

今回は、住宅を建てる際の気候や風土に合わせた家づくりについて、お話したいと思います。販売エリアの中心でもある古河市・小山市は風が強く、また雷やゲリラ豪雨も比較的多く起こる地域です。茨城県西地区は、暑さ・寒さもそこまで厳しい土地ではありませんが、夏の熱射が厳しいので、意外と暑く、太陽光発電が効果的な地域でもあります。瓦屋根にする方が多いのも特徴のひとつといえます。

地盤は、関東ローム層地域になりますので、地盤はそこまで悪くはありません。実際、地盤改良は3割ほどにとどまっています。(地盤改良とは、軟弱だと判定された地盤を強固にするための作業のこと)

暑さ・寒さに関してはそこまで厳しい環境ではありません。もちろん、地域の特性をよく知ったうえで、お客様のご希望に沿った「こだわりのオーダーメイド住宅」を建てる、ということを大切にしています。そのひとつに、家相や風水などを考慮してつくる場合もあります。若い人たちにはあまりなじみのない事柄ですが、世代の上の方たちには必ずお伺いするようにしています。

建物の性能は年々アップしており、「住み心地が良い」「快適に過ごせる」といった声をお客様から多くいただいております。
風土や気候、また地域の特性をよく理解したうえで、お客様のご要望に応えられる家をつくる
これが、サンワ設計の目指す「家づくり」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。