- Blog -

サンワ設計のブログ

2018.8.30

サンワ設計のこだわり

【あさっては防災の日 改めて防災について考えよう!】

こんにちは! 茨城県古河市にある工務店「サンワ設計」です。

あさって9月1日は「防災の日」です。これは、1923年9月1日に関東大震災が発生したことから、台風や地震といった災害に対する認識を高めようと1960年に内閣の閣議了解によって制定されたものです。

この機会にいま一度、防災への意識を高めたいものです。各自治体ではハザードマップを公開していますので、チェックしておくのもオススメです。
(古河市地震防災マップ:https://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/lifetop/soshiki/kenchiku/1/3502.html

ところでみなさんは「ツーバイフォー」という工法をご存じでしょうか。このツーバイフォーは地震に強い工法として認められているんです。日本で昔から用いられてきた「在来工法(木造軸組工法)」は柱と梁によって家を支える、いわば「線」による工法です。

一方、ツーバイフォーは床・壁・屋根を構成し、「面」によって建物を支えます。床・壁・屋根による六面体ができあがると、家全体が強い一体構造(モノコック構造)に昇華。一体構造は極限の強度が求められるスペースシャトルや航空機に採用されているほど、極めて強固なのです。たとえば地震や台風などが起きた際には、荷重を一点に集中させることなくその力を建物全体で受け止めて分散するため、外力に対して強さを発揮します。

サンワ設計では、このツーバーフォーを採用し、災害に強い家づくりに取り組んでいます。これから住まいづくりを検討されている方は、ぜひ当社へご相談ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

- Showroom -展示場・ショールーム展示場・ショールーム